商品詳細:

健康な心臓と骨を相乗作用でサポート!

ベジタリアンの方にも最適

ビタミンD&Kは2種類のビタミンを組み合わせた新しい配合が革新的なサプリメントです。「太陽のビタミン」とも呼ばれるビタミンDは、筋肉と免疫系の正常な機能と健康維持において重要な役割を担っています。

ビタミンDとビタミンKはいずれも、骨や血液の維持を正常に保つ働きにも関与しています。◊ また、ビタミンDは血中のカルシウム濃度の維持を助け、ビタミンKは正常な血液凝固をサポートしています。 タブレット1粒で数多くの利点を得られるよう特別に考案されました!

ビタミンDとビタミンKを一緒にとることが大切!

ビタミンDは、オイルフィッシュなどにたくさん含まれる栄養素で日光を浴びるのと同じ働きがあるといわれています。
そして、ビタミンDには、脂肪を吸収して血流へと流してくれる働きもあるので、脂肪分の高い食事を食べても体内に蓄積されることが少なくなるといわれています。
カルシウムの吸収を促進し、血液中のカルシウムレベルを維持するのにも有効とされています。
ビタミンDが不足すると骨がもろくなり、骨粗鬆症などの原因ともなります。
ビタミンKは、葉野菜、発酵豆類、卵黄、肝臓、チーズなどの食品にたくさん含まれています。
ビタミンKは、血液の凝固に役立ち、骨や歯にカルシウムを蓄積してくれます。

ビタミンDとビタミンKは、どちらもカルシウム代謝には重要な役割があります。
ビタミンDの大切な働きは、血液中のカルシウムレベルを維持することです。
食べ物からカルシウムの吸収することを促進し、もし十分なカルシウムを得られなければ、骨からカルシウムを取得して、血中のカルシウム濃度を保ちます。
カルシウムの適切な血中濃度を維持することは、体を維持するためには大変重要です。
しかし、カルシウムが不足しすぎると骨から多量にカルシウムを奪うことになるので、これが骨粗鬆症の原因となります。
一方でビタミンKは、骨や歯にカルシウムの蓄積を促進するタンパク質です。
軟部組織の石灰化を軽減し、マトリックスGLAタンパク質を活性化します。
これが腎臓や血管へのカルシウムの蓄積を防ぎます。
そしていくつかの研究で、血管の石灰化の解消にビタミンKが効果があることが示されています。
さらに心臓や腎臓疾患の発生にも良い効果をもたらします。
しかし、ビタミンKが欠乏した状態で、高用量のビタミンDを摂取すると、ビタミンK欠乏症を引き起こす可能性があります。
そのためビタミンDは、ビタミンKと一緒に摂ることが大切だとされています。


内容量:60粒
ご使用方法:1粒を1日に2回


購入ページへ進む

ビタミンD&K成分表



注意書き

ライフプラスサプリメントパートナー募集!

ライフプラスサプリメントの普及に、あなたのお力をお貸しいただけませんか?