イブニングプリムローズオイルの食べ方は?

前回はイブニングプリムローズオイルの特徴とか効能、皮膚に塗るやり方とかを紹介したよね!(^^)

今回は直接食べるにはどうするのかを紹介するね〜!d( ^^ )

イブニングプリムローズオイルはどうやって食べるの?

オリーブオイルとかみたいに、サラダにかけるドレッシングとかの代わりにもできるし、

そのまま飲むのもなくはないみたいだけど…。

日本では食用として販売されているものはほぼないんだって。( ̄▽ ̄)

そもそもイブニングプリムローズオイルは、独特のやや強めの甘い香りがあって、口から摂取したいと思う人はまずいないんじゃないかってことみたいだけど…。( ̄▽ ̄)

料理に使用したとしても、味が喧嘩するとかして、美味しくなくなる可能性もあるらしいから、食用として売られてるもの以外を無理矢理飲んだり料理に使ったりするのはやめた方がいいみたい。(^_^;)

食べられないなら栄養成分はどうやって摂取するかって言うと…。

γ(ガンマ)リノレン酸とかリノール酸とかの栄養成分が豊富に含まれてるし…。

どうにか食べ方があれば知りたいよね?(^_^;)

イブニングプリムローズオイルは、サプリメントに配合されてるものがあって…。

オイルとは違って香りも気にならないし、粒状だから手軽に摂れるんだって!d( ^^ )

サプリメント選びのポイントとしては…。

イブニングプリムローズオイルは酸化しやすいから、低温で圧搾されているものがいいみたいよ!(^^)

あと、酸化に強いビタミンEが配合されているものがなおいいんだって!d( ^^ )

ほかには合成添加物が使用されてないとか、天然原料が使用されてるかどうかも、選ぶ際の基準だよね!(^^)

イブニングプリムローズオイルは、油をそのまま飲んだり、料理に使ったりするような食べ方はしないほうがいいけど、サプリメントでは摂れる!

外側のケアは外用オイルでやって、内側のケアはサプリメントでするとなおいいんだってさ〜!(^^)

外用オイルの注意点としては…。

マッサージとかに使用するためにイブニングプリムローズオイルを購入した場合、オイルの酸化が進みやすくて、品質が劣化しやすいってことを把握しておく必要があるのね!

日が当たらなくて、温度とか湿度の低い場所で保存して、フタを開けたまま空気に触れるような状態にしておくのはダメみたいよ!

あと、酸化を防止したいんだったら、ビタミンEが豊富に含まれてる、イブニングプリムローズオイルと相性がいいオイルを混ぜておくと、ある程度は日持ちするようになるんだって!d( ^^ )

この場合、入れものが金属製だと酸化を招きやすくなっちゃうから、ガラスの素材でできた遮光ビンを選ぶといいみたい!d( ^^ )

 

サプリメントの注意点としては…。

これは外用オイルにも言えることなんだけど、イブニングプリムローズオイル配合のサプリメントはブタクサのアレルギーを起こす可能性があるみたいなのね。( ̄▽ ̄)

肌に塗布する場合はパッチテストが必要だけど、アレルギーをもっている人はサプリメントを摂取しちゃダメみたい!( ̄▽ ̄)

あと、サプリメントは食品だから副作用の心配はないんだけど、薬との飲み合わせが気になるって人は…。

サプリメントと薬の併用が大丈夫なのか、1度病院に行って医師に相談して、使用の可否を相談したほうがいいみたいね!(^^)

こんなふうに、外用オイルは品質が悪くなりやすいって特徴があって、外用オイル、サプリメントともにアレルギー反応を起こすリスクもあるらしいから…。

今までに紹介した対策を取り入れて、少しでも長く良質なイブニングプリムローズオイルを安全に使用しようね!d( ^^ )

それじゃまたね〜(*´∇`)ノ

 

おススメ!

ビタミンEも一緒に摂れるイブニングプリムローズオイル!イブニングプリムローズ

ブログの読者になると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

※登録ボタンを押すと、確認メールが届きますので、ご確認をお願い致します。