色々な食べ物の中抗酸化作用が高いのは?実は身近でカンタンに食べられるあの食材だった!

抗酸化作用という言葉は本当によく聞く言葉になりましたね。抗酸化はアンチエイジングに興味のある世代もそうですが、女性ならほとんど誰もが気にする言葉ではないでしょうか?

活性酸素が身体を酸化させてしまうことが老化ですね。

金属で例えるなら「酸化し、錆び付いてしまうこと」です。

つまり身体の酸化するのを防ぐ = 活性酸素の発生を抑えることができれば、老化を食い止めることも可能ということになりますね。

この活性酸素の発生を抑える作用のことを、抗酸化作用と呼んでいます。

抗酸化作用がある食べ物は色々ありますが、実はすごく身近で食べやすく、安価なあの食べ物が
抗酸化作用が強いということを最近知りましたので、ご紹介します。

それはずばり「バナナ」です!

バナナにはβ-カロテンをはじめ、ビタミンA、ケルセチン、β‐クリプトキサンチン、ミリセチン、ビタミンC、リコペン、ビタミンE、ポリフェノール類など、
体内の過剰な活性酸素の害を抑えるさまざまな抗酸化成分が含まれているそうです。

また、バナナに含まれる抗酸化成分の中でもβ-クリプトキサンチンやゼアキサンチン、β-カロテン、ポリフェノール類であるケンフェロールやシアニジン-3-グルコサイドなどには
血液内に悪玉コレステロールが溜まるのを防ぎ、血流を改善する働きがあります。

バナナはスーパーや果物屋さんに行けば、必ずといってもいいほど売ってますし、何より安い!
気軽に食べられますから毎日の食事の中に取り入れてみてはいかがでしょうか?

ライフプラスサプリメントパートナー募集!

ライフプラスサプリメントの普及に、あなたのお力をお貸しいただけませんか?